前を向く人生に悔いはないと考えるノリ日記

マタニティブルー

実は今、妊活中です。おなかに子供を宿すために色々なことをがんばっています。
葉酸がいいらしいと聞いたので、葉酸サプリも愛用しているためす。
しかし、それ以外にも、毎日はやおきして、主人と供にウォーキングも実践しています。
妊娠は有酸素運動も大事だとよくいわれますし、一緒にウォーキングをしていくことが仲良く続ける秘訣なっているのではないかと思っています。
妊婦にとって葉酸は欠かすことの出来ない栄養素だといわれています。しかし、もしも、葉酸を適切に摂取しきれなかっ立とすると、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。実は、葉酸には細胞分裂を促すというはたらきがあります。そのため、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂がおこなわれず、先天性の障害などを発症するリスクが高まると報告されています。ほかにも、ダウン症予防に効果があるといわれていますから、より積極的な摂取が求められます。

葉酸は妊婦さんたちの間では、つわりにも好影響を及ぼすとよく話題にのぼります。
説が色々唱えられますが、葉酸をちゃんと摂取できている安心感のために、プレママのストレスが減り、つわりが軽くなるのではないかと考えられているようです。

どちらにしても、特に妊娠の初期段階は普段の倍の量を摂るのが望ましいといわれています。

葉酸は、妊娠に最も重要な栄養素であることで有名です。
しかし、葉酸だけを摂っても不十分です。
葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、サプリの利用を考える時には、ビタミンやミネラルという、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を複数入ったサプリがお薦めです。
具体的に言うと、ミネラルやビタミンが25種類ほど含んだサプリにすれば、必要な栄養素をきちんと補うことが出来るでしょうし、成分が最大限有効に働いてくれるというワケです。

妊娠しやすい体になるために、いま、赤ちゃんがほしいと妊活をされている場合も早めの摂取を心がけて頂戴。あなたがたご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、女性が妊娠するために不可欠な成分である鉄分は、どちらも不足しがちなものです。

普段のご飯で得られる量では摂取量が足りないのです。ですのでサプリで補給するのが簡単でしょう。サプリによっては、一粒で葉酸と鉄分どちらも補給できるという便利なものも売っていますから、このようなサプリを飲めば不足しがちな栄養素を簡単に摂取できますから、安心です。

不妊の原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)と対策を考えるとき無視してはならないのはストレスです。
ストレスは生殖ホルモンの分泌を撹乱し、妊娠を妨げる種々の症状を引き起こすことがあります。

妊娠を望む家族の声や、当事者ゆえの焦りなどが不妊治療(妊娠に至れない原因を調べ、それを改善する目的で行われる治療です)中のストレスとなることも少なくなく、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありないのです。

治療しているためすから、あとはおおらかに構えるのが赤ちゃんを授かるためには良いことではないかと思います。妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは日ごろのご飯に気を付けていただきたいことは持ちろん、それに加えて充分な量の葉酸を摂取するように正式に厚生労働省が推奨しています。

なぜなら、十分な葉酸を摂ることで赤ちゃんの神経管閉鎖障害という先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。

持ちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時は胎児の安全性を考慮した上で、無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事をポイント(効率のよさを追求するなら、知っておくべきでしょう)です。

妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーという食品を、積極的に食べているという方も多いと思います。実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、調理の際の加熱によってどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられないのです。葉酸の多い食品を積極的に取り入れ立としても、調理方法によっては、葉酸が足りていないかも知れないのです。

マタニティブルー

Scroll To Top